一軒家を買ったけど、捨てきれないマンションへの憧れ

友達がちらほらとマンションを買い始めた頃、色々なお家にお邪魔してから、マンションへの憧れを抱き始めました。

みんな結構大きいマンションに住んでいて、エレベーター1つではたどり着けないような部屋もいくつかありましたが、面倒だなと思う反面お洒落な空間がいくつかあって、羨ましさのが勝っていました。

みんなが憧れているような高層階には住みたいと思わないけれど、オートロックで中に入ると別世界のエントランス。

休憩用のソファやゲストハウスなどの共有スペースがあるマンションには憧れます。

結婚を機に家を買うことにしましたが、最初はマンションで探していたはずなのに、途中から夫が急に一軒家モードに入ってしまい、最後の方は一軒家の物件ばかりを見るようになってしまいました。

なので、当然買った家は一軒家。

まぁ私が憧れていたようなマンションは、都内で私たちの探していたエリア内だと、一軒家よりも狭くて高額な所が多かったので諦めやすかったのですが、それでも少し残念でした。

一軒家はまず掃除が大変。専業主婦になったので、掃除は当然私の役目。3階建ての部屋は掃除機をかけるのも一苦労です。

窓もやけにあるし、窓拭きとサッシを掃除し始めたら1日が終わってしまいます。

子供が産まれてからも大変。

リビングにベビーベッドを置き、私の布団は万年床。

危ないので階段上にはゲートを設置。

あぁ、マンションだったら寝る部屋はリビングと別に出来るし、ゲートもキッチンに設置するくらいでいいのになぁ。

と毎日のように思います。

夫は部屋が汚れても気にならず、掃除をしないので一軒家を満喫していますが、私はまだマンションに憧れています。

そんな私の実家は一軒家だったのですが、両親が生活しやすいようにと遂にマンションに引っ越しました。

そのマンションが都心からはやや離れるものの、中に入ると私の興味のある共有スペースがたくさん!

ゲストハウスは勿論、キッズの遊び場、パーティルーム、カフェ、ライブラリーと外から覗くだけでもテンションの上がる設備が備わっています。

あぁ、こういう所に住んでカフェで休憩…。
ライブラリーで読書…。
パーティルームの集まりに参加…。
と、実家に行く度に妄想して楽しんでいます。

いつか住みたいけれど、夫はマンションに行っても、やっぱり一軒家がいいな。

と言うので、私の願望は叶わなそうです。

仕方がないので、実家にちょくちょく行かせてもらって、住民のように共有スペースをお借りしちゃおうかなと思っています。

6年間も住み続けたありえないアパートについて

私は職場からの通勤と家賃、治安を考慮して都内の下町に住むことにしました。

家賃は貯蓄を考えていたためその周辺の相場からいけば抑え目に設定したので、築30年以上の年季の入ったアパートでした。

実際に生活し始めてから一番困ったのが一応クローゼットと称する所のカビでした。

当初全く光が差し込まなかったので気がつかなかったのですが、取り出す洋服全てが緑っぽく変色していたのでよくよく確認するとカビでした。

つまりしまっておいた全ての洋服がカビで汚染されて廃棄する結果となり、一から洋服全般を買わねばならず全て自己負担で痛い出費となりました。

その後もあらゆる処置を施すもカビが沈静化する事はなかったので、常にカビ臭かったです。

物置として使う事もままならず仕方なく洋服は部屋中のカーテンレールにかける事になり、これも極めて不都合でした。

窓は南向きに面していましたが、直射日光が当り過ぎるのと面積が広すぎるため法律上金属線の入った窓ガラスでした。

入居当初からガラスには熱割れがあり、とてもみすぼらしいものでしたが、大家さんは危険性を伴わない場合まではどうせ変えてもまた割れるので替えませんの一点張りでした。

ある日、コンセントの差込口に不具合が出て、大家さんに見に来て頂く事になっていました。

予定は決めてからという事になっていたのですが、なんと私に予め許可もなく合鍵を使って留守中に部屋に入ろうとしたのです。

どうしてそれがわかったかと言うと、たまたま大家さんが侵入を試みた日は平日でしたが私は休みで在宅でした。

当然チェーンキーは防犯のためかけてありました。

もしも、インターホンを押して頂けていればその旨対応できたはずです。

しかし、在宅かどうかを確認する事もなく業者に合鍵を使って私の部屋のドアを開けさせようとしたのです。

たまたま在宅だったためそのような振舞をしている事が判明しましたが、もしも不在だったら勝手に入室されていただろう事を思うと背筋が寒くなりました。

それ以降、部屋に帰っても誰も侵入していないか確認してから自分の部屋なのに入室するようになりましたし、貴重品は全く置かないようにしました。

この件はこの部屋の賃貸借契約をしている業者を通して正式に安全に暮らせないと抗議をしましたが、大家さんからは経緯の説明や謝罪は全くありませんでしたし、それで世の中まかり通る事に改めて驚き憤りを覚えました。

社会的な約束を守れない大家さんは最後まで残念というか、最後の引き払う時の約束も2時間も遅れたあげく現れませんでした。

結局不動産屋さんにカビの件は、不適切な使用でカビを発生させた訳ではないので、この件は現場復帰の費用負担には該当しませんときちんと申告して終わりにしました。

6年間で様々な理不尽な事、下手したら危ない目に合っていた事も鑑みて、よい社会勉強をしたと思っています。

賃貸マンションで地震保険は加入するべきなのか?

地震大国日本で地震保険加入率ってどれくらいなのか調べたところ、平均すると3割~4割程度のようです。

意外に少ないなというイメージですが、持ち家であれば自分の財産である住宅に万が一があったらと保険の加入を検討するでしょうか、賃貸や借家の人は加入しない人が多いのではないでしょうか?

我が家は賃貸マンションに住んでいますが、地震保険には加入していません。

そもそも、20年くらい前は火災保険にも加入していませんでした。

最近は不動産会社や管理会社が義務付けしてくるのでしようがなく火災保険には加入しています。

火災保険の更新時期に地震保険の加入を悩んでしまう

しかし、地震保険加入を検討したことがないわけではありません。

東日本大震災や熊本地震など、大災害の後には加入したほうがいいのだろうかと悩みます。

火災保険の更新は2年ごとですが、そのたびに地震保険付帯を勧めてきます。

ただ、建物は大家さんの持ち物ですし、地震保険に加入しても、どういう時に保障されるんだろう?と思いませんか?

賃貸マンションの保障ってどちらかというと、借家人賠償や個人賠償、類焼賠償などの賠償保障がメインですよね。

もちろん、自分の家財道具にも保障されますけど。

2階建てくらいのアパートはともかく、鉄筋コンクリート造のマンションが地震で倒壊するって欠陥住宅くらいではないでしょうか。

東日本大震災のように地震に加え、津波被害があれば倒壊の可能性も高いとは思うのですが・・・。

そうすると、鉄筋コンクリート造のマンションに地震保険は必要ないのでは?ってことになります。

こういうことを考えると地震保険付帯は二の足を踏んでしまうわけです。

でも、万が一大地震に見舞われた場合、マンションが倒壊するまでいかなくても、ひびが入って危険なので住めないなんてことになり、住む場所がなくなったりしたらどうしようとも考えてしまいます。

我が家のマンションも建ったのは昭和の時代のようです。

欠陥住宅くらいした倒壊しないのでは?なんて書きましたが、築年数にもよるような気がしてきました。

築30年以上の建物が大地震に耐えることができる可能性って高くはないでしょうね。

賃貸マンションは結局のところ、分譲マンションより作りがしっかりしていないですし。

などと考えていたら、先日、地震でマンションが傾き、住めなく夢を見てしまいました。

夢の中で自分は「地震保険に入っておけばよかった」と後悔しているのです。

夢から醒めて、夢でよかったと胸を撫で下ろしましたが、やっぱり地震保険必要なんだろうか、でも必要あるかなと結局今でも堂々巡りです。

地域にもよるとは思いますが、賃貸マンションの地震保険加入率っていうのも知りたいです。

不動産会社や賃貸物件を管理している会社で統計を出してほしいものです。

マンション、アパート物件探しの私の経験談!!

今まで、10回以上引っ越しを繰り返してきました。

マンションもアパートも住んだことがあるのですが、毎回物件探しはわくわくします。

まず、携帯で物件情報をみて、物件の候補を3つ4つ決めてから、不動産屋に行き、内覧をさせてもらいます。

今まで、何百もの物件情報を写真でみてきて感じたことは、まず外観の写真をみて、あまり気に入らなければ内装も気に入らないことが多いということです。

逆に言うと、外観が気に入る物件は、内装も気に入る可能性が高いということです。

そのことを自覚してからは、物件を携帯でみるスピードが格段にあがりました。

1ページ目の外観で気に入らなければ、細かいところはみずに次へ次へと進んでいき、気に入ったところだけ細かく情報をみていき、自分の絶対的な譲れない条件を満たしているかを確認すればよいのです。

あとは、引っ越しをする街が遠方ではなく、すぐに行けるような地域であれば、1日街の中を歩き、気になるマンションを探すのも楽しい作業です。

気になるマンションをみつけたら、不動産名とマンション名がわかりやすく外に書いてあれば、メモや写真をとっておけば、あとで振り返って、ネットで検索することもできます。

この街歩きの場合のメリットとしては、最寄りの駅からの距離が把握できたり、近所になにがあるか、道路の広さ、日当たりなど、周辺の細かい情報がゆっくりみれるということです。

不動産屋さんと一緒に内覧に行く場合は、マンションまたはアパートの前まで、不動産屋さんの車で連れて行ってもらうということが多いので、意外と外の状況をゆっくりみることができません。

あと、内覧に行く時間帯や季節によっては、夜であたりが暗くて、車移動で外の状況が見れなかったということもありえます。

事前にそういった点をみておくことによって、納得のいく物件にめぐりあうかもしれません。

ここまでできる時間に余裕がある人は少ないかもしれませんが…。

結局は住めば都!自分が住んだ街やマンション、アパートはあとから振り返ってみると、良かった点ばかり思い出します。

一旦、住むと腹を決めたら、とことんその物件の良さに注目していったほうが、気分的にはハッピーです。

また自分でできる範囲で好きな家具や絵などを置いてしまえば、部屋の雰囲気はある程度、自分で作り上げることができます。

最後に物件探しの際は必ず、いつまでに決めて引っ越す!という期限を決めておくことが重要になると思います。

それがなければ、いつまでたっても自分の理想を追い続け、引っ越しがずるずる延びてしますからです。

中国人に生活騒音の苦情をすることはできるのか?

以前は分譲リースのしっかりしたマンションに住んでいたのですが、賃貸マンションへ転居、生活騒音に悩まされています。

作りの安っぽい鉄筋コンクリートマンションは生活騒音が響きやすく、またどこから響いているか分からないのです。

ただ、隣から聞こえる声は隣だと認識できます。

昨年まで隣に住んでいた若夫婦に子供が2人という典型的な家族にはホームパーティの騒音に悩まされました。

夜に泣いて騒ぐわけではないのですが、日中近所のママ友と子供を集めてホームパーティーをするのです。

子供2人だけでも結構騒がしいのに、5人、6人集まったらテレビも聞こえないような騒がしさです。

子供のカナキリ声って耳に響きますよね。

家族が体調を悪くして日中も部屋にいたものですから、管理会社へ苦情を入れたのですが、「お宅が神経質」と言われ取りあってもらえませんでした。

「お宅だけですよ、そんなこと言っているの。隣の奥さん、とても気を使っているんですから」とまで言われてしまいこちらがクレイマー扱いです。

もし、我が家に強面の男性でもいれば管理会社の態度も違ったのかもしれません。

女性2人ということでなめられたのではないかと思います。

それからは、生活騒音に我慢しながら過ごしました。

そうこうしているうちに家族は引越しし静かな日常が戻ってきたのです。

しかし、それもつかの間。逆側の隣に住む若夫婦に赤ちゃんが生まれたのです。

一日中泣く子供で、夜中にも泣き声が聞こえてきます。

さすがに赤ちゃんの泣き声にクレーム入れるわけにもいきません。

しかも、我が家はクレイマーですから、何を言っても聞き入れてくれるはずがないのです。

聞こえてくる話し声は奥さんが中国人のようで、最近は新しく購入した子供用のピアノや木琴、ラッパなどを弾き、中国語の歌を歌っています。

ピアノも曲になっていませんから騒音でしかないですし、歌もお世辞にも上手いものではありません。

ただ、中国人はこれが迷惑になっているとまったく思っていないような感じです。

以前の家族は廊下で会うと目をそらしたりしたので、騒音を出しているという意識があって気まずいと感じていたようでした。

中国人はもちろん挨拶はしませんが、逆ににらみつけてくるくらいです。

中国人旅行者のマナーなどが問題視されていますが、その感覚と同じような気がします。

せめてものすくいは旧正月に2ヶ月ほど里帰りすること。

早く里帰りしてくれないかと、旧正月を待ちわびる毎日です。

賃貸物件アパート探し、どんなことに気を付けたらいい?

これからアパートをお探しの方、後悔しない為にアパート探しのポイントを
お教えします。

アパートの周りの環境で気を付けるべきことは次の5つのポイントです。

1つ目のポイントは、ずばり音と揺れの問題です。

大通り沿い、線路沿いは音や揺れで意外とストレスになります。

お休みの日の朝はゆっくり寝たい、と思っていてもうるさかったりすると寝たくても寝ていられませんよね。そして寝不足になってしまいます。

2つ目のポイントは、治安の問題です。

女性の方は特に心配になるポイントです。

飲み屋街の近くなどは、酔っ払いがいたりするので特に避けた方が
良いポイントです。

3つ目のポイントは、コンビニ、スーパーが近くにあるかどうかです。

夜中に買い忘れたものを買いに行ったり、食事を買いに行ったりと近くにあったら便利です。

ただ近すぎると、音がうるさかったたり、看板の明かりがまぶしかったり、
ゴミが飛んできたりするので程よい距離の場所がお勧めです。

4つ目のポイントは、渋滞の問題です。

都市部では関係ないかもしれませんが、地方へ行くとほとんど方が車での
通勤、通学をしています。

自宅から車で出かける場合、アパートの前の道路が渋滞していたらとても出にくくて出るだけで5分、10分かかってしまうこともあります。

できれば、車で出やすい道路に沿った場所にあるアパートの方がストレスなく
生活できます。

5つ目のポイントは、災害地域かどうか確認することです。

最近、ゲリラ豪雨が多発しています。

雨がたくさん降った場合、川の氾濫がよくテレビのニュースで映像として流れていますが、地元の方からすると「ああ、またあの場所が浸かっている。」という場所が多いものです。

浸かりやすい場所にあるアパートはできるだけ避けた方が良いでしょう。

アパートなどの物件自体の注意ポイントは上の階、下の階、両隣の音がどれくらい漏れてくるかです。

壁が薄いと隣の部屋の声が全部聞こえてるなんてこともあります。

上の階に小さい子供がいる場合は特に要注意です。

子供は走り回る生き物なのでドシドシと走り回ります。

足音が気になるようでしたら、一番最上階にするか、子供の住んでいないアパートをお勧めします。

女性のように安全面を重視するのであれば、断然コンクリート造りのマンションをお勧めします。できればオートロック機能付きの物件が良いでしょう。

アパートは、心配したらすぐに引っ越しできるというものでもありません。

お金もかかるし、体力もかかります。

十分によく考えて、物件を探すことをお勧めします。

マンションを購入したり賃貸したりする時の確認ポイントとは?

マンション購入や賃貸は立地条件や外観も大切ですが、いざ買ったり住んだりしてみると期待にそぐわない事も出てくるものです。

築年数が過ぎている物件は敬遠しがちですが予算的に合う物も多くあります。

逆に新築物件ですと最新設備や綺麗な外観などから心を動かされますが、金額も貼り手が出ません。

下見でよく観察をしなければならない事はいくつかあります。

それはそのマンションがどのように管理されてきたのかに尽きます。

管理の良いマンションは100年持つと言われますが、悪いと見る間にスラム化してしまいますし、建物も傷んできます。

仕方なく住み続けている住民はいったんスラム化してしまったらどのようにしてよいか分りません。

そのようなマンションの管理組合は大体弱体化しているかひどい所はない所もあります。

ではどのように管理の程度や管理組合の活動結果を下見の段階で見抜く事が出来るのでしょうか。

まず、玄関やエントランスについてですが、ある程度の広さがあることを確認し、自動ドアであることは必須となります。

築年数がある程度来ているのに観音開きのドアのままということは管理組合の向上心が感じられません。

いちいち手で開閉する手間は面倒ですし手あかが残り不潔なものです。

稀ですが怪我をする可能性も否定できません。

また、荷物があるときも困りますので、組合は改善するべきなのです。

インターフォンもあまり古い物は玄関で呼び出しても部屋に通じないという不具合が出ているものです。

携帯電話で部屋を呼びだすなど笑えません。

外の植栽にも注意します。

整然と手入れがなされているならば問題はないですが、枯れていたり虫が発生したり伸び放題であったりしますと管理の程度が疑われます。

通常一年に3回は業者が入り、除草や刈込などの手入れをしていますのですぐに良し悪しが分ります。

次に注目すべき所は管理室です。管理人の態度や部屋の様子に好感を持てれば合格です。

管理室が狭くエヤコンもないゴチャゴチャした状態でしたら失格ですし、照明が暗く壁のクロスや床が汚いようでしたらこれも失格です。

管理組合は管理人が仕事をし易いように配慮しなければなりません。それが居住者へのサービスに繋がるからです。

エレベータ―ではまずレールの状態をチェックしておきましょう。

レールがピカピカでゴミが無ければ、管理人の素質が良い事を意味しています。

つまり一事が万事で全体の管理が良い証拠になります。

コミ置きも覗きましょう。

清潔感があり、整然としているなら安心です。

自転車置き場が整然としている事も重要ですし、識別シールが貼ってある事も大事で管理の程度が分ります。

あとは館内の清掃が行き届いている事や掲示板の様子などを見ます。

ごみが有ったり、共用廊下に私物が有ったり、掲示板に古い物が有ったりしたら問題です。

これらを確認する事でそのマンションの程度が良く分かります。

もし管理人を置いていないようでしたら購入や賃貸を止めた方が無難です。

夫婦向けマンションはとても居心地が良く便利です

わが家は夫婦ふたりで子どもの予定がないので、家のことをすごく迷っていました。

マンションか一戸建てか。

どちらで生活していても、やはり子どもがいないことによる好奇の目というのはあると思います。

一時期一戸建てを借りて生活していた時期もあったのですが、やはり近所付き合いもありましたし、毎回子どものことを聞かれたりするのが個人的にはとても嫌だったんです。

本当は部屋数が多く、とにかく広いマンションが理想だったのですが、実際にこういったファミリー向けマンションに住んでいる友人の話を聞いてみるとちょっと躊躇してしまいます。

共有スペースで子どもが走り回っていたり、派閥争いだったりそういうのがあるみたいで。

親御さんだと保育園とか幼稚園によっても派閥が出来るみたいですね。

そういうのがすごく面倒そうで。

そこで、私達夫婦は色々調べて駅前にある広めの2LDKマンションを購入しました。

ここに住んでいるのはシングルの方がすごく多いんです。

駅前ですからやっぱり治安の面もありますし、お子さんのいるご家族は少し離れた自然が多めの大規模マンションとかが人気なんですよね。

うちは小さいマンションなのですが、ファミリーはほぼいません。

いたとしても、小学校入学前などやっぱり出ていく方が多いです。

新しく子連れの方が入ってくることもあまりありません。

メインになっているのは、お年寄りと逆に働き盛りのシングル、私達のようなDINKSです。

自然とこういう層が集まったので、販売している不動産会社の意向もあるのかなと思います。本当にありがたいです。

共有スペースもこじんまりとしたロビーしかありませんが、マンションを入って駐車場を抜けるとちょっとした庭のようなスペースがあります。

うちはペットもOKのマンションで、ペットの飼い主さんはここで犬を走らせている方が多いですよ。

専用の蛇口があり、足を洗うこともできます。

うちは犬ではなく猫を飼っているのですが、時々見させてもらっています。

高齢者の方など、犬を飼いたいけど体力的に厳しいという方もいますのでこうやって交流できる場所があるのはうれしいですね。

もちろん交流は苦手という方もたくさんいます。

私達もファミリー向けマンションだったらそういう苦手な層に入っていたことでしょう。

ですから、皆さんあまりベタベタしない今の感じがとても気に入っています。

交流が苦手でも皆さん挨拶はしっかりしますし、本当に良いところに引越しました。

マンションのリビング横にある部屋、どう使う?

この夏から、結婚を機に約70平米の3LDKのマンションで暮らし始めました。

ファミリータイプのマンションとしてはごくごく平均的、標準的な広さと間取りだと思います。

レイアウトも俗に言う田の字型で、3つの部屋のうち外廊下に面した2部屋は完全に独立した個室で、残る1部屋はリビングの片隅にあり、スライドドアで間仕切りできるタイプ。

3LDKのマンションにはありがちな仕様ですよね。

このリビング横の部屋も一応個室は個室なのですが遮るものがスライドドアだと、やはり壁とは違う…。

リビングの物音や声はほぼ筒抜けになります。

あとドアを閉めるとドアの面積が大きくてなんとなく圧迫感がある。

(ドアの色の問題もあるかもしれません)

夫婦2人暮らしで部屋が余っている今は特にこれといった使い途もなく、スライドドアは開けっぱなしにして、なんとなくリビングの延長のような空間として存在しています。

でも最近今後の我が家のことをアレコレ想像する中で、この個室というにはイマイチ落ち着けない空間が将来的に夫婦の寝室になるのだろうな…と考えたりします。

ゆくゆくは2人の子どもに恵まれたとして、子ども達かがある程度大きくなれば自分の部屋を欲しがると思います。

異性であるならば別室は絶対ですが、2人が同性であっても思春期にはそれぞれに個室を与えてあげたいと、年の近い妹と同室で育ち時に壮絶なケンカ(領地争いといっても過言ではありませんでした…)を繰り広げてきた身としては思うのです。

そして、きょうだい平等を心がけるのなら、ちゃんと独立した個室である2部屋を子ども達に使わせることになります。

そうなれば自動的に夫婦はこのリビング横の部屋に押し出されてしまうわけです。

この部屋にベッド2台を置くとなると、スライドドアを開けっ放しにすればリビングからベッドが丸見えになってしまうのでどうにも具合が悪い気がします。

かといってスライドドアを閉めたままにするのも、圧迫感があってなんとなく嫌…。じゃあベッドを処分して布団で寝る?

和室ならそれもアリでしょうが、我が家の場合は洋室のため、それもなんだか腰が痛くなりそうです。

3LDKのマンションに両親、子ども2人の4人家族で暮らしている世帯は決して少なくないと思いますが、他のご家庭では子どもが大きくなった時どうしているのか、またはどうする予定なんでしょうか。

マンションの部屋割り、なかなかプライベートな事柄なので聞きにくいですが、気になります。